「UNION OF EMOTIONS」サービス開始。国を超えて声援を送りあう姿をAIでみえる化

東京–()–(ビジネスワイヤ) –株式会社I’mbesideyou(東京都世田谷区、代表取締役社長 神谷渉三、以下I’mbesideyou)は、国際的なスポーツイベントが開幕した2021年7月23日に「UNION OF EMOTIONS」を開始し、世界中の人たちが声援を送りあう様子を感情解析AIでみえる化した。

既に14を超える国々、79を超える都市から20,000を超える応援が世界各地に送られており、地球上を声援が飛び交う様子に、ソーシャルメディア上からも次々の感動の声が寄せられた。

AIの力を借りて、人々の感情が国を越えてリアルタイムでつながりあう世界初の事例となった「UNION OF EMOTIONS」は、8月8日までのサービス提供を予定している。

●世界中からの応援の様子

世界中から送られた応援は、I’mbesideyouの感情解析技術によりみえる化され、地球儀上にビジュアライズされていきます。国という意識を超えて、アスリートたちの努力に対して感動を送りあい、世界と自分とのつながりを実感してもらいたい。

そう願ってこのサービスはつくられました。

(世界中を飛び交う応援の感情をビジュアライズした様子:サイトからは動画でご覧いただけます)

https://world-emotions.imbesideyou.com/index.html

●投稿されている内容について

世界各国からの投稿は、自国を応援するものだけでなく、他国にエールを送るものも多く含まれており、14を超える国、79を超える都市から20,000を超える投稿が行われています。

世界中の国々を213種類の着物と帯で表現したKIMONOプロジェクトの写真が国名付で投稿されるなど、多様な投稿が楽しめる内容となっています。

●「UNION OF EMOTIONS」について

「UNION OF EMOTIONS」は、I’mbesideyouの保有する感情認識技術を活用し、世界中の人たちがアスリートを応援する様子を動画や写真で自ら撮影し投稿することで、国を超えて応援が飛び交う様子がビジュアル化され、世界中の人が感情でつながりあうことを助けるサービスです。

このサービスは、世界中に、完全無償で展開され、広告なども一切つきません。

純粋に無観客で競技する選手にエールを送る取り組みです。

顔写真や動画を投稿するのに抵抗がある人に向けて、1クリックで選手に声援を送ることができるボタンもリリース後新たに機能追加されました。

気軽に参加し、スポーツの祭典を通じて世界中の人々につながりあってもらいたいとI’mbesideyouは願っています

●I’mbesideyouの想い

自国で開催される、世界が注目するスポーツの祭典が、無観客での開催となることは、私たちにとってまったくの想定外でした。

普段と異なる状況下で競技してくださるアスリートの方々にできることは何か。会場での観戦を楽しみにしている世界中の方々に、できることは何か。

私たちなりに考えた結果が、この「UNION OF EMOTIONS」です。

コロナによる苦しみを、新しい時代の希望に変えるために、私たちはこのサービスに取り組んでいます。

共感いただける方は、ぜひ声援の登録や、サービスサイトのURLとハッシュタグ”#UNIONOFEMOTIONS”のシェアをお願いします。

(サービスサイトURL)

https://world-emotions.imbesideyou.com/index.html
#UNIONOFEMOTIONS

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *